癌などのの末期で終末期にある患者に生じる意識障害、発熱、血圧…

◎質問

癌などのの末期で終末期にある患者に生じる意識障害、発熱、血圧低下はどのようなメカニズムで起こりどのように関連しているのでしょうか? 一般的に終末期にはこれらの症状が現れるというのはわかるのですが、どうして起こるのかメカニズムが分かりません。どなたか教えてください。

★ベストアンサー

意識障害は電解質異常や低血糖、ホルモン分泌の異常などが原因と なりやすいです。典型的なのが高カルシウム、低ナトリウム血症です。 高カルシウム血症は癌からカルシウムを動員する(骨から溶出させる) ホルモン類似物質が分泌され、その結果として血清カルシウム値が 上昇します。骨転移がある場合は転移巣が広がっていく過程でも骨か らカルシウムが溶け出しますので、高カルシウム血症を来たします。 低ナトリウムはさまざまな原因があり、原因不明のものも多いのですが、 死期が近づいてきた患者さんの多くで見られます。原因のひとつとして 癌が抗利尿ホルモン(ADH)を分泌し、尿に水分が出ていかないように するため血中Naが希釈されて低ナトリウム血症となることがあげられます (Syndrome of inappropriate ADH、SIADH)。ADH分泌は長期の 人工呼吸器管理による胸腔内圧上昇、髄膜炎・脳転移などによる 脳渇水中枢の異常などでも昂進しますので、これらの病態があれば 低ナトリウムへの注意が必要です。 癌末期の患者が発熱した場合、考えられるのは感染症、癌の広範な進展 (癌性髄膜炎、癌性胸膜炎、癌性心膜炎、癌性腹膜炎)などがあります。 そのいずれにも当てはまらなくても、腫瘍自体が発熱物質を分泌し、それが 体温中枢に作用して発熱させている可能性があります。腫瘍熱と呼ばれ、 遠隔転移を来たした患者で末期でなくてもしばしば見られます。 血圧低下は原因がいっぱいありすぎて書ききれません。 低アルブミン血症や、脱水、ホルモン異常、挙げだすときりがないです。 ひとつの原因で起こるのではないですから、患者ごとに原因を考えていくしか ないでしょう。

Web Services by Yahoo! JAPAN

補足情報

血圧低下 発熱 意識障害 に関する Q & A

出典:yahoo知恵袋

癌などのの末期で終末期にある患者に生じる意識障害、発熱、血圧…

癌などのの末期で終末期にある患者に生じる意識障害、発熱、血圧低下はどのようなメカニズムで起こりどのように関連しているのでしょうか? 一般的に終末期にはこれらの症状が現れるというのはわかるのですが... ...もっと読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。